カンボジアウォッチ
Search for:
l トップ l メインツアー l ホテル予約 l ミニツアー l 航空券 l その他アイテム l メール l
ll ご利用方法 ll
ご利用方法
会社概要
ll 旅情報 ll
カンボジアの安全情報
カンボジア祝日
ラスメイカンプチア新聞
カンボジアBBS
カンボジアCHAT
カンボジア総合情報サイト
>>カンボジアウォッチ
カンボジアビジネス
>>ロコモ社
ll お知らせ ll
2012年3月まで一部のホテル料金を発表。年末年始の予約もOK。12年3月までの価格決定済.。
******************
ピークシーズンのホテル予約はお早めにどうぞ。
******************
地球の歩き方

アンコール・ワットとカンボジアをAmazonで購入!
******************
最安値宣言!
カンボジアのホテル予約(円建て)で、弊社よりもお安いものがございましたら、メールでご連絡下さい。ウェブ上で確認できるものについては、他社よりも廉価をご提示できるよう努力いたします。
ll 事務所 ll
−ロコモトラベル−
プノンペン事務所
#12, 315 St,. Sangkat Boeung Kok 1, Khan Toul Kok, Phnom Penh, Cambodia
Tel. +855-23-881145
Fax. +855-23-998179
シエムリアプ事務所
No.103, Mondol I Svay Dangkum,Siem Reap
Tel.+855-12-752422
Fax.+855-63-964910
プノンペン・シエムリアプ共に、日本人が常駐しております。

アンコール遺跡入場券
旅行のクチコミサイト フォートラベル
旅行のクチコミサイト フォートラベル
カンボジアの安全情報 □□□
 日本大使館からのお知らせ
〜鳥インフルエンザ関連のお知らせ(カンボジアでの発生)〜
 9月21日(火)、カンボジアにおいても鳥インフルエンザ(H5N1型)の発生が確認されました。発生が確認されたのはカンダール州キエンスバイ地区の村にある農場です(プノンペン市内から国道1号線を約6km行った所)。9月19日に約650羽の鶏が死んだため、農業省および当地パスツール研究所で検査の結果、H5N1型鳥インフルエンザと確定されました。農場の4500羽の鶏は昨日処分されております。

 カンボジアにおいては今年4月以降、はじめて発生が確認されたケースです。発生した村の住民に感染例は今のところ確認されておりません。

 鳥インフルエンザ発生に際しての対応は、養鶏業者に対する補償の問題が絡んでおり(カンボジア政府からの補償はない)、鳥インフルエンザが発生した農場を中心にした半径3kmの検疫・移動制限もどの程度まで実施できるか難しいところです。

 鳥インフルエンザのヒトへの感染は極まれにしか生じないとはいえ、皆様方には下記の注意点を参考にしていただき、当地での生活には十分ご注意くださいますようお願いいたします。
(参考:日常生活での注意点)
1. 鶏舎、生きた鳥を扱う市場への無警戒な立ち寄り、生きた鳥だけでなく不審な死に方をした鳥への接触は避けてください。
2. 手洗い・うがいといった基本的な感染症に対する予防対策の実施。特に小児に対しての指導をお願いします。
3. 通常の風邪と思われても咳の症状があればマスクを着用してください。症状がひどいときは信頼できる医療機関を受診するようにしてください。
4. 鶏肉・卵の調理は十分に加熱してください。
5. 家庭や職場でカンボジア人を雇っている場合には、彼らの健康にも注意を配ってください。
(参考ホームページ)
※下記のホームページではまだカンボジアでの新たな発生についてはまだ取り上げられておりません(9月22日現在)。
● 感染症情報センター:http://idsc.nih.go.jp/others/topics/flu/toriinf.html
 鳥インフルエンザの説明や、WHOホームページ上の鳥インフルエンザ関連ニュースの日本語訳があります。この中の「鳥インフルエンザに関するQ&A」には病気の概要と日常生活での注意点などがあり、参考になります。(日本語)
●WHO(World Health Organization):http://www.who.int/csr/don/2004_09_09/en/
 これまでの発生状況や鳥インフルエンザに対する取り組みなど、様々な情報があります。(英語)
●OIE(World Organization for Animal Health):http://www.oie.int/eng/en/_index.htm
●FAO(Food and Agriculture Organization):http://www.fao.org/ag/againfo/home/en/home.html
 上記2つは基本的には家禽での発生に対応している組織です。家禽類への感染の状況と対応についての情報が得られます。(英語)
プノンペンとシエムリアプ(アンコール)に、それぞれ日本人が常駐しています。
トラブルや事故の際も安心サポート。ロコモトラベルをご利用ください。
2005, LocomoTravel, All rights reserved.